老眼かどうかチェックしたあなたに朗報|セルフチェックの仕方を伝授

最新記事一覧

近くより遠くが見える

婦人

目の変化を知ろう

特に何も問題なく近くのものも遠くのものも同じように見えていたはずなのに、最近は近くが良く見えなくなったと感じたら老眼かもしれません。これは老眼の典型的な症状ですので、いよいよ始まったと言っても良いでしょう。40歳前後から始まりやすいので、すでにこのくらいの年齢に達しているので時間の問題です。本当に自分が老眼なのかと疑いたくなるかもしれませんので、チェック方法を知っておくと良いかもしれません。単に近くが見えにくいとは言え、正常の範囲内かもしれないので、どれくらい近くが見えにくくなったのかをチェックしてください。何か道具がいるわけでもないとても簡単な方法でチェックしてみましょう。自分の人差し指を使い、指紋がはっきりと見える距離はどこかをチェックしてみてください。つまりピントが最も合っている場所を探すわけですが、その場所が目からどれくらい離れているかを計測します。ピントが合う距離が30?以上の場合は老眼の可能性が高いので、日常生活で支障があると感じたら老眼鏡を使ってみてください。これまで使ったことがないと度数などがよくわからないでしょうから、目安の度数を覚えておきましょう。チェックで30?の場合、スマホの利用なら+1.0、40?なら+1.5、60?なら+2.0を使ってみてください。どれくらいの距離のものを見るのかによっても度数が変わるので、複数の度数の老眼鏡を持っておくと不自由なく生活できます。

Copyright© 2018 老眼かどうかチェックしたあなたに朗報|セルフチェックの仕方を伝授 All Rights Reserved.