老眼かどうかチェックしたあなたに朗報|セルフチェックの仕方を伝授

最新記事一覧

最近近くが見辛い人へ

シニア男性

目の老化現象

40歳を超えてきた頃から、新聞の文字などが見にくく感じているのではないでしょうか。それは、俗に言う老眼というものです。これは病気などではありません。簡単に説明しますと、眼球内の水晶体と呼ばれる物が老化によって動きが硬くなり、ピント調節がうまく出来ないのです。加齢から来る症状ですので、避けては通れません。そこで、老眼かどうかのチェック方法をご紹介致します。まずは、人差し指の指紋側を、なるべく顔の近くに持ってきます。そして、段々と顔から離していき、指紋がハッキリと見えた所で止めます。顔と指の距離が30センチ以上だと、老眼鏡が必要なレベルです。15センチ以上30センチ未満で、老眼が濃厚です。他にも老眼チェックはございますが、すぐに出来るのでこちらのチェック方法はオススメです。最近では、眼鏡屋さんなどで老眼チェックを行なっている店がほとんどです。老眼鏡が必要なレベルの方は、眼鏡屋でチェックついでに購入するのも有りでしょう。まだ老眼鏡が必要ではない方は、症状を遅らせる努力をする事が大切です。要は老化現象ですので、鍛える事である程度回復する事もあります。トレーニングの方法として、一般的に知られているものを紹介します。まず、親指の爪に名前を書きます。別に何でも構いません。そして、腕を全開まで伸ばして親指の爪の文字を見ます。爪を見つめたまま、ゆっくりと顔に近づけたり離したりを繰り返します。この動作をする事で、水晶体を良く動かしてあげる事が大切です。普段パソコンやテレビなど、一定の距離の物を見つめてばかりいるのが良くないとされています。また、水晶体を柔らかくする物質が多く含まれると言われているアーモンドを摂取するのも良いでしょう。是非、実践してみて下さい。そして、老眼の進行が気になるようであれば、早めに眼科へ受診することをお勧めします。

Copyright© 2018 老眼かどうかチェックしたあなたに朗報|セルフチェックの仕方を伝授 All Rights Reserved.