老眼かどうかチェックしたあなたに朗報|セルフチェックの仕方を伝授

最新記事一覧

年齢と共に現れる目の症状

めがね

近くが見えにくくなったら

老眼は40代頃から現れる目の症状で、正式には老視といいます。近くにピントが合わせにくくなるのが特徴で、65歳頃まで症状が進行します。その後は症状が安定しますが、自然に回復しないので老眼鏡などを用いて調整する必要があります。40代を過ぎて近くの文字などが見えづらいと感じた場合は老眼の可能性があります。これを調整するのが老眼鏡で、老眼鏡は眼鏡店や雑貨店などで販売されています。また、最近は100円ショップでも購入することが可能です。デザイン性の高いものや機能性を重視したものなど、様々な老眼鏡が販売されているので好みや用途に合わせて選ぶとよいでしょう。老眼の正式な診断は眼科で行う必要がありますが、その前におすすめなのが簡単なチェック方法です。これは指を使ったチェック方法で、目の前に出した指の指紋を見ながらピントの合う場所を探します。そしてこれが30cm以上になると老眼が疑われます。ピントの合う位置が遠ければ遠いほど症状が進行していることになります。とても簡単なチェック方法なので、見えづらいと感じたらチェックしてみると良いでしょう。老眼の進行具合が分かったらレンズ選びを行いますが、この際に注目したいのが度数です。レンズの度数は+1.0から0.5刻みになっており、数字が大きくなるにつれて強度の強いレンズになります。また、レンズ選びは症状の進行具合と使う目的で決まります。例えばパソコンの画面や新聞などに合わせるなら70cm程度の距離になりますし、スマートフォンや手芸ならもっと短い30cmくらいの距離に合わせておくと快適です。レンズの調整は個人差がありますが、眼科や眼鏡専門店などで相談することが出来ます。ライフスタイルにあった老眼鏡を持っておけば、年齢を重ねてもクリアな視界を維持することが出来るでしょう。

Copyright© 2018 老眼かどうかチェックしたあなたに朗報|セルフチェックの仕方を伝授 All Rights Reserved.