老眼かどうかチェックしたあなたに朗報|セルフチェックの仕方を伝授

最新記事一覧

見え方を確認してください

眼鏡

不安な方は専門医の診察を

「新聞や雑誌が読みづらくなってきた」、「近くの文字を見るとすぐに疲れてしまう」、こんな症状を経験した人もいるはずです。これは老眼の兆候でもありますので、一度、眼科に行って診察してもらう必要があります。しかし、人によっては夕方になると次第に目が疲れ、かすんだりぼやけたりするなどの症状を訴える人もいるようです。いわゆる「目疲れ老眼」ですが、若い人の中にも悩んでいる人が増えているようです。これはスマートフォンなどの利用も原因に挙げられています。そのまま放置しておくとさらに悪化してしまうことがありますので、注意する必要があります。私たちの目は加齢とともに、目のレンズの役割を担っている水晶体が硬くなっていきます。そして、この水晶体の厚みを調節してくれる毛様体筋も次第に衰えていき、近くの文字が見えづらくなってくるのです。これが老眼の症状であり、前述の目疲れ老眼も同じような症状になります。また、ほとんどの人が40歳を超えた頃から自覚症状が出てくるようです。この自覚症状ですが、最初の頃は目が疲れたり字が見えづらくなったりします。ですので、そのような症状が現れたら老眼をチェックしてみましょう。新聞や雑誌に書いてある文字をきちんと読めるかチェックし、読みづらいようであれば注意しておく必要があります。また、最近目が疲れやすい方も気をつけてください。老眼の可能性がありますので、早めにチェックしておきましょう。その他にもチェック方法はありますが、気になる方は眼科に行って診察してもらうことをオススメします。

Copyright© 2018 老眼かどうかチェックしたあなたに朗報|セルフチェックの仕方を伝授 All Rights Reserved.